(株)いつも.のECコンサルタントが米国ニューヨーク・シカゴから最新EC・オムニチャネル情報をお届け

オムニチャネルマガジン

powered by いつも.

アメリカ・スターバックスのオムニチャネルを推進するモバイル注文&決済アプリ。月間利用回数が平均800万回に達し、売上増にも貢献


カテゴリー: モバイル・アプリ

みなさんこんにちは、いつも.のECコンサルタントです。米スターバックスが提供する、モバイル注文&決済アプリの月間利用回数が、平均800万回と急伸しました。ユーザーの利用を推進した理由とは、何だったのでしょうか?

Starbucks-mobile

アメリカ・スターバックスが提供する、モバイル注文&決済サービスが好調です。2016年4月21日に発表した第2四半期決算発表で、平均月間利用回数が800万件に上ったことを明らかにしました。

2016年4月22日付けの『PYMNTS.com』から見ていきましょう。

1)第1四半期に比べると利用者回数は、200万回以上多い
・スターバックスの第1四半期のレポートと比較すると、平均月間利用回数は、200万回以上増えています。

・第1四半期の時点でも全体の支払いのうち、モバイルを利用した決済は21%でしたが、第2四半期ではそれが24%にまで上昇しました。

2)増え続ける”ポイントプログラム”会員
・第2四半期の決算によると、同社のポイントプログラムが1年で16%成長し、現在1200万会員に達しました。

・第1四半期と比較すると第2四半期では、同社のポイントプログラム会員は、8%増加。第1四半期から、新たに90万会員の獲得に成功しました。

3)売上増にも貢献
・比較可能な既存店ベースの売上高で見ると、米国では7%、グローバルでは6%それぞれ上昇

・第2四半期の総売上は、9%上昇し、50億ドルを達成(注文数は5%上昇)。営業利益は11%増加し、8億6,400万ドルとなりました。

同社のモバイルアプリの利用が好調な理由としては、「継続的に利用したい」という気持ちにさせるポイントプログラムにあります。

先日、スターパックスはさらにこのプログラムを、「今自分はどのくらいの頻度利用したからどのレベルにいて、どんなオプションがもらえるのか」といった報酬の内容を、より分かりやすく、かつ楽しみながら閲覧できるよう進化させました。

ポイントプログラムについては、こちらにまとまっています。
合わせてご参照ください!

「オムニチャネルに興味はあるけど…」

株式会社いつも.では、小売業やEC事業者の方に、オムチャネルに取り組むにあたっての疑問・相談へのアドバイスを行っています。お気軽にフォームからお問い合わせください。

相談フォーム

page top