(株)いつも.のECコンサルタントが米国ニューヨーク・シカゴから最新EC・オムニチャネル情報をお届け

オムニチャネルマガジン

powered by いつも.

ポケモンGOに続く新たなVRとGPSサービスでO2Oが変わる!?


カテゴリー: 小売・EC企業の戦略・事例

【いつも.ECコンサルタント】2016年は日本にもポケモンGOが上陸して、一大ムーブメントとなりました。GPSによる位置情報とAR(拡張現実)の融合により、希少なモンスターが現れたという情報が入ると、多い場所では数万人という人が実際にモンスターを求めて大移動するという話もまだ聞かれます。そんなGPSとARを活用した新たなビジネスがスタートしそうなサービスが発表されました。

d16877-17-537844-0

指定地域のみで有効となるARでより限定した場所に誘客可能に

これまで企業向けにAR(拡張現実)制作ソフト「COCOAR (ココアル)」を提供してきたスターティアラボ株式会社が同サービスにGPS機能と連携させることを発表しました。これまでも地図などの紙媒体をアプリで読み取ることで映像や3D画像などのAR機能を利用することができましたが、新たな機能ではGPSによって指定された地域や場所を指定してARコンテンツを提供することができます。

ARを介することで、リアルイベントなどでも充実したログデータが取れることから、これまでも1,200社が導入してきたサービスですが、GPSを導入することでコンテンツを提供する場所を限定でき、ビジネスに適したイベント活用ができるため、より多くの企業がサービス提供に乗り出すかもしれません。

『産経ニュース』(引用元)によると、デジタルマーケティングを手掛けるスターティアラボ株式会社(代表取締役社長:北村健一、本社:東京都新宿区)は、企業向けに提供するAR(拡張現実)制作ソフト「COCOAR (ココアル)」において、11月28日(月)より、ARマーカーとGPS(全世界測位システム)機能を連携させることで、位置情報でARコンテンツの閲覧領域を設定できるように機能拡充します。本機能拡充により、観光地や商業施設といった実地におけるイベントへの誘致などO2O施策が有効になります。

観光地や商業施設などのリアルイベントで、チケットやチラシを指定の場所に持参してアプリをかざすと限定映像やクーポンなどのコンテンツを表示するなど、場所とイベントをより結びつけることができるためコンテンツ次第で多くのお客様を呼び込むことも可能になるかもしれませんね。

続きはこちらからご確認いただけます!

・ECに関する経営や売り上げアップのご相談は株式会社いつも.にお気軽にお問合せください。

「オムニチャネルに興味はあるけど…」

株式会社いつも.では、小売業やEC事業者の方に、オムチャネルに取り組むにあたっての疑問・相談へのアドバイスを行っています。お気軽にフォームからお問い合わせください。

相談フォーム

page top