(株)いつも.のECコンサルタントが米国ニューヨーク・シカゴから最新EC・オムニチャネル情報をお届け

オムニチャネルマガジン

powered by いつも.

モバイルEコマースの売上は、2018年までに6,380億ドル(約76.9兆円)に到達か?


カテゴリー: モバイル・アプリ

【いつも.ECコンサルタント】グローバル視点でモバイルコマースの未来を見ていきます。2018年までに、モバイル端末を介して行われるグローバルのEコマース売上は、6,380億ドル(約76.9兆円)になるだろうという調査結果が出ました。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-VER88_sumafoijiru15150126-thumb-1000xauto-17301
モバイルコマースは、これからのEコマースを語る上で欠かせないテーマになってきました。『NDTV PROFIT』2015/6/6付けの記事によると、2018年までに、モバイル端末を介して行われるグローバルのEコマース売上は、6,380億ドル(日本円にして、約76.9兆円)になるだろうという研究結果が出たそうです。

業界団体AssochamとDeloitteの共同調査によると、モバイル端末を介して行われるグローバルEコマースの売上高は、2018年までに6380億ドル(約76.9兆円)を超すことが予測されています。

Assochamは、「Flipkart、Amazon、JabongのようなEコマース事業者は、収入の50パーセントを、モバイルコマース売上によって得ている」と説明。

インドでは、21%の買い物客は「デビットカード」を、16%の客は「クレジットカード」を利用していますが、最も好まれている支払い方法は、買い物客の45%が使用する「代引き」です。つまり、(インドのような)発展市場でモバイルコマースが伸びていくためには、新しいキャッシュレス決済ソリューションが、キーになるだろうと考えられています。

さて予測どおり、グローバル全体で、モバイルコマースは2018年に向けて巨大な市場を作り上げていくのでしょうか。モバイルコマースの動向については、これからも定期的に追いかけていきたいと思います!

・ECに関する経営や売り上げアップのご相談は株式会社いつも.にお気軽にお問合せください。

「オムニチャネルに興味はあるけど…」

株式会社いつも.では、小売業やEC事業者の方に、オムチャネルに取り組むにあたっての疑問・相談へのアドバイスを行っています。お気軽にフォームからお問い合わせください。

相談フォーム

page top