(株)いつも.のECコンサルタントが米国ニューヨーク・シカゴから最新EC・オムニチャネル情報をお届け

オムニチャネルマガジン

powered by いつも.

三越伊勢丹がブラックフライデーに合わせて中国EC最大手アリババグループに出店


カテゴリー: 小売・EC企業の戦略・事例

【いつも.ECコンサルタント】日本でも今年からブラックフライデーのキャンペーンを行う企業が増えてきましたが、その大きな商機を活用して中国大手ECに日本の百貨店が進出した模様です。

news-node3695

三越伊勢丹 中国EC最大手アリババグループの天猫国際に出店

上海や天津などに実店舗を出店してきた三越伊勢丹グループが、中国EC最大手であるアリババグループが運営する天猫国際に出店しました。ブラックフライデーに合わせて出店した三越伊勢丹が扱う商材は他社との差別化を図るため三越伊勢丹グループの独自商品を中心に商品を取り揃えており、日本ブランド商品を続々と投入していくという。中国国内の店舗や日本店舗の認知度向上効果も期待できるとして、更なる収益拡大に本格的に乗り出しています。

『ネットショップ担当者フォーラム』(引用元)によると、三越伊勢丹グループは中国向けのネット通販を本格始動する。アリババグループが運営する「天猫国際」に旗艦店をオープン、11月25日から始まる大型キャンペーン「ブラックフライデー」に合わせて本格的な商品販売を始める。三越伊勢丹ホールディングスは11月、日本の百貨店業として初めて中国向けECに本格参入すると発表していた。

三越伊勢丹の直近一年間の免税店売上は410億円にものぼっており、その約7割を中国人による消費者が支えているとのこと。同商品が中国国内のECで購入できるとあって、アリババグループが抱える4.39億人のアクティブユーザーに高品質な商品を届けるインパクトは大きくなりそうです。

続きはこちらからご確認いただけます!

・ECに関する経営や売り上げアップのご相談は株式会社いつも.にお気軽にお問合せください。

「オムニチャネルに興味はあるけど…」

株式会社いつも.では、小売業やEC事業者の方に、オムチャネルに取り組むにあたっての疑問・相談へのアドバイスを行っています。お気軽にフォームからお問い合わせください。

相談フォーム

page top