(株)いつも.のECコンサルタントが米国ニューヨーク・シカゴから最新EC・オムニチャネル情報をお届け

オムニチャネルマガジン

powered by いつも.

世界最大のEコマースイベント「IRCE」レポート


カテゴリー: IRCE特別レポート

Image e

当社は「IRCE」の公式ライセンスパートナーとして先日6月5日~9日にアメリカのシカゴで開催された世界最大のEコマースイベントに参加してきました!日本より数年先を進んでいると言われるEコマース先進国のアメリカで発信される情報や事例を収集してきましたので、アメリカで起きているECの急速な変化から当社なりの日本のECの近未来予測を共有いたします。

今年のイベント全体を通して感じたことは「アマゾンがアメリカECの中心へ」です。先日も「アマゾンが米高級食材チェーン大手のホールフーズ・マーケットを約1兆5千億円で買収することで合意」という大きなニュースが飛び込んできました。アメリカ視察でも必ず立ち寄る独自性のあるスーパーでしたので衝撃を持って受け止めています。また、シカゴの街中でもアマゾンの実店舗「Amazon Books(アマゾンブックス)」(画像1)が確認でき、ECの巨人がリアルチャネルを急速に拡大するという「地殻変動」が現実になることも実感できました。今回のアマゾンのトピックスを含めてアマゾンが「ECの中心の座を確実にした」といえる状況は、ここ1年で急速に動いたと感じています。

図3

【アマゾンの実店舗「Amazon Books(アマゾンブックス)」(画像1)】

アメリカにおける2016年のEC全体の伸びは前年比15.6%増で成長し、ここ3年間で最高の伸び率でした。一方、ECも含めたアメリカの小売全体では16年の伸びは前年比で2.6%と日本と比べると堅調な動きですが、EC化比率11.7%(画像2)と日本より高いことも影響して、16年はアメリカの小売店舗では過去最大規模で売場面積が無くなり、2017年の閉鎖店舗数は近年最多の8000店舗を超えるのでは?という情報も飛び交っていました。

 

写真②

【全オンライン購入決済のボリュームとアメリカのオンライン決済の割合(画像2)】

この変動の中心がアマゾンですが、アメリカEC全体の売り上げの40%を占める状況となり、成長を支える有料の「プライム会員」はアメリカの世帯の49%になっていることも強さの裏付けになっています。このような流れを受けて大手小売りチェーンを中心に取り組みが進んでいる「オムニチャネル」で大きく成長する企業の事例の共有は少ない状況でした。

また興味深い調査データとしてアメリカでネットショッピングをするときにどこで検索するかと聞くとアマゾンで検索する割合は59%で、グーグルの20%の3倍となり、6割の人がアマゾンからネットでの買い物をスタートさせるということも共有されていました。

イベント内のアマゾン関連のセミナー参加者の6割以上は「メーカー系の担当者」になっている点も注目です。メーカー系企業もアマゾン出品モデルで販売することに関心があることが伺えます。メーカー系企業は「アマゾンに対抗」するのではなく「活用する」になっています。

今回はアマゾンの話が中心になってしまいましたが、それほどアマゾンのことが話題の中心になっていました。ここから数年後の日本を予測するとアマゾンやアマゾン同等の成長モールに対抗できない実店舗中心の企業の衰退が一気に加速することが予測できます。日本は「アメリカほどの急速な変化はない」と思いますが、日本のECをけん引する大手小売企業やEC事業者は「アマゾンの更なる巨大化」を最大限に想定した上でのEC戦略見直しが必要なタイミングであることは間違いない状況です。

次回は「IRCE」で共有されたトピックスやアマゾンに依存しないで特徴を持って急成長している企業の事例を共有したいと思います。

(株式会社いつも.コンサルティング事業部 IRCE担当 高木)

 

ECに関する経営や売り上げアップのご相談は株式会社いつも.にお気軽にお問合せください。

「オムニチャネルに興味はあるけど…」

株式会社いつも.では、小売業やEC事業者の方に、オムチャネルに取り組むにあたっての疑問・相談へのアドバイスを行っています。お気軽にフォームからお問い合わせください。

相談フォーム

page top