(株)いつも.のECコンサルタントが米国ニューヨーク・シカゴから最新EC・オムニチャネル情報をお届け

オムニチャネルマガジン

powered by いつも.

新調査によると、2016年第1四半期の米国のオンラインショッピングトラフィックはスマートフォン経由がデスクトップ経由を上回ったという結果に


カテゴリー: 市場・統計データ

みなさんこんにちは、いつも. のECコンサルタントです。米国の2016年第1四半期のオンラインショッピングトラフィックは、スマートフォン経由がデスクトップ経由を上回ったことが最新の調査によって明らかになりました。近年急速に伸びているモバイルコマースの実態を数字で見ていきます。

hands-phones-705x396

米国のオンラインショッピングにおける、スマートフォンからのトラフィックが伸びています。
2016年8月1日付けの『BUSINESS REPORTER』から内容を見ていきましょう。

1)スマートフォン経由がわずかにデスクトップ経由を上回る
・米国のEコマースソフトウェアプロバイダーDemandwareが米国で行った調査結果によると、2016年第1四半期のオンラインショッピングトラフィックの45.1%はスマートフォン経由によるもので、デスクトップ経由の45%をわずかに上回りました。

・調査結果はまた、2017年終わりまでには、スマートフォン経由のトラフィックが60%にまで上昇するだろうと予測しています。

2)モバイルショッピングの収益は過去3年で3倍に
・米国では過去3年間のモバイルショッピング収益が、2013年第2四半期の76億ドルから、2015年第4四半期の210億ドルになるなど3倍に膨れ上がっています。

3)会計はモバイルで行わないという課題もあり
・モバイルのトラフィックは増加傾向にある一方で、モバイルで会計まで完了させる割合については、他のチャネルと比較すると11%下回ります。

・これは小売業者が所有するデジタルプラットフォームを通じてモバイル上で決済するのは、今のところ遅すぎるか難しすぎるので投資が必要だという小売業者が直面している問題を強調しています。

スマートフォンを利用したオンラインショッピングを楽しむユーザーが増えている一方で、会計まで進む割合が少ないという課題も浮き彫りになった当調査結果。
記事によると、「企業が課題解決のために投資を行った場合、米国の消費者は現在の59%から、2019年までに71%が自身のスマートフォン上で買い物をするだろう」とEMarketerは予測しています。

「オムニチャネルに興味はあるけど…」

株式会社いつも.では、小売業やEC事業者の方に、オムチャネルに取り組むにあたっての疑問・相談へのアドバイスを行っています。お気軽にフォームからお問い合わせください。

相談フォーム

page top