(株)いつも.のECコンサルタントが米国ニューヨーク・シカゴから最新EC・オムニチャネル情報をお届け

オムニチャネルマガジン

powered by いつも.

Kohl’s、Eコマースおよび店頭ピックアップの効率化に注力。2017年にはEコマース効率化のためのフルフィルメントセンターもオープン予定


カテゴリー: 小売・EC企業の戦略・事例

みなさんこんにちは、いつも. のECコンサルタントです。米国の大手デパートKohl’sがEコマースと店頭ピックアップの効率化に注力し、2017年にはフルフィルメントセンターをオープンします。

kohls_1

Kohl’sがEコマースの効率化に注力していく方針です。2016年11月11日付けの『internetRETAILER』を参考に見ていきましょう。

1)オンライン注文客の5-6%が店頭ピックアップを選択
Kohl’sは、「オンライン顧客をもっと店頭に呼び込むため、『オンラインで買って店頭でピックアップする』をもっと宣伝し、利用時のプロセスを改善する」と言います。

・同社は四半期中のウェブセールスについて言及しませんでしたが、オンライン購入客のうち5-6%はKohl’s店舗でピックアップしたとしています。これは同社の希望を下回る数字です。

・店頭ピックアップを増やしたい理由は、より多くの顧客が来店すればそれだけ売上も伸びるからです。

・第3四半期中、オンラインで購入した商品をピックアップするために店頭を訪れた顧客のうち28%は、店頭で別の商品を購入したとKohl’sは言います。

2)店頭受取のラインを変更
Kohl’sは店頭ピックアップ効率化に向け、すでに施策を展開しています。

今まではオンラインで注文した商品を受け取るには、通常の顧客と同じ列にならぶ必要がありましたが、店頭ピックアップエリアを別に用意するようにしています。

同社は2017年、インディアナ州プレンフィールドに新たにEコマース用のフルフィルメントセンターをオープン予定です。

同記事によると、「これまでは一人の顧客からのオンライン注文に対し、複数店舗から商品を発送するなどのオペレーションをしていたからだ」と言います。

最新のフルフィルメントセンターは、「既存のセンターの3倍の生産性になる予定」です。

・ECに関する経営や売り上げアップのご相談は株式会社いつも.にお気軽にお問合せください。

「オムニチャネルに興味はあるけど…」

株式会社いつも.では、小売業やEC事業者の方に、オムチャネルに取り組むにあたっての疑問・相談へのアドバイスを行っています。お気軽にフォームからお問い合わせください。

相談フォーム

page top