(株)いつも.のECコンサルタントが米国ニューヨーク・シカゴから最新EC・オムニチャネル情報をお届け

オムニチャネルマガジン

powered by いつも.

Kroger、世界第3位の小売業者へ


カテゴリー: 市場・統計データ

【いつも.ECコンサルタント】米国の大手スーパーマーケットチェーン『Kroger』が、Walmart、Costcoに続く世界第3位の小売業者に躍進しました。

kroger

米国のオハイオ州シンシナティに本社を構える、スーパーマーケットチェーン『Kroger』が、Walmart、Costcoに続き、世界第3位の小売業者になりました。

2016年1月20日付けの、『CiNCiNNATi.com』より詳細を見ていきましょう。同記事における数字は、2014年度の売上高に基づいています。

1)2014年の買収が、Krogerの順位上昇に貢献

・2014年に行った、ノースカロライナ州のスーパーマーケットチェーン『Harris Teeter』と、電子健康商品を提供する『Vitacost.com』の買収が、1年前に世界第6位だったKrogerの順位上昇(世界第3位)に貢献しました。

・図には反映されていませんが、Krogerの総売上の1080億ドルには、ミルウォーキーを拠点にするRoundy’sの買収によって加わった40億ドルも含まれています。

2)圧倒的な強さを誇るWalmartはトップを維持

・Costcoは、2014年の売上が1120億ドルで、世界第2位でした。

・Walmartは、売上4,850億ドルと圧倒的な強さで世界1位の座を維持。世界第2位から第5位の4社の売上を合算しても、Walmartの売上高には及びません。

3)食品販売が成長の鍵

・小売業者の多くが、来店を誘導する食品の販売と、スーパーマーケットの数を増やすことによって、成長しています。

記事によると、Krogeは一つの国で事業を行う最大の小売業者とのこと。年間売上720億ドルを誇るTarget社(世界第11位)がそれに続きます。

・ECに関する経営や売り上げアップのご相談は株式会社いつも.にお気軽にお問合せください。

「オムニチャネルに興味はあるけど…」

株式会社いつも.では、小売業やEC事業者の方に、オムチャネルに取り組むにあたっての疑問・相談へのアドバイスを行っています。お気軽にフォームからお問い合わせください。

相談フォーム

page top